自転車/虫ゴムの交換

2010-09-12 (日) 21:42:44 (1412d)

今日は、バルブの虫ゴム交換に挑戦。最近、空気が抜けやすくなったなと感じたら、まずバルブの虫ゴムを疑ってみよう。下の写真のバルブ(英式バルブ)には、虫ゴムという部品で空気が漏れないようになっているが、ゴムが劣化すると空気漏れの原因になる。虫ゴムの交換は、自分で行うことができる。

IMG50161.jpg

交換作業

実際の交換作業を順を追って説明します。写真を撮りながらでも、30分程度で終わりました。

【虫ゴムの購入】
まずは虫ゴムを購入。自転車を取り扱っているところであれば大抵販売している。100円ショップでも良く見かける。
IMG50111.jpg
【部品の取り外し】
バルブのナットの部分を回して、取り外します。
IMG50171.jpg
【バルブの取り外し】
中に入っているバルブを取り外します。自転車を購入以来、交換していなかったのでだいぶひび割れていました。
IMG50191.jpg
【虫ゴムの交換】
付いている虫ゴムと取り除き、買ってきた新しい虫ゴムを根本までかぶせるように取り付けます。
IMG50221.jpg
【取り付け】
バルブを取り付け、ナットを締めて、空気を入れたら完成。
IMG50131.jpg

虫ゴムを使わないバルブ

虫ゴムを使わないタイプのバルブも販売されている。「スーパーバルブ」や「新型英式バルブ」と呼ばれているようで、いくつかの種類が販売されている。折角なので試しに購入してみた。これも、100円ショップでよくみかける。

IMG50121.jpg

取り付けは、虫ゴム交換が無い分、こちらの方が簡単にできる。

IMG50201.jpg

ナットもキャップも新しくなったので、ちょっと浮いた感じになってしまったが、すぐになじむでしょう。

IMG50211.jpg


スーパーバルブが近くのお店で
販売していないという方は、
Amazonでも手に入ります。






PR